外壁塗装 比較

外壁塗装業者を簡単に比較する方法

外壁塗装 比較

外壁塗装 費用 比較

外壁塗装 料金比較

外壁塗装 評判 比較

 

 

外壁塗装は10年に一度やった方がいいと言われています。
でも実際、そんなに汚れていないしまだまだ大丈夫そうと思ってしまいますね。

 

そうなんです。
一見すると綺麗なので必要ないかに思われる外壁塗装ですが、やはり10年に1度は必要なのです。

 

なぜなら外壁塗装は家の外観を良く見せるためだけではなく、中の構造を守るために行われるからです。

 

つまり壁や屋根には外壁ボードや瓦のつなぎがあると思います。
外壁ボードをつなぐコーキング剤などは10年もするとボロボロに傷みます。

 

プラスチックのバケツを外に放置すると硬化してバキバキに割れたする感じです。
するとこのボロボロになった箇所から雨水が内部に浸み込んでカビや腐食の原因となります。

 

だから外壁が綺麗でも外壁塗装をする必要があるのです。
しかしここで問題がひとつ。

 

外壁塗装業者に知り合いもいないし、アテもないということです。
実は素人が相手で高額な工賃が発生する外壁塗装には、悪徳業者が多いとされています。
作業は高所ですから3回塗るところを2回しか塗っていなくても、素人にはまず気づかれません。
気が付くのは外壁塗装から数年たってからということも多いので、泣き寝入りです。

 

こんなことだけは避けたいですね!
それなら外壁と屋根の塗装業者を紹介するサービス「ヌリカエ」がオススメです。

 

こちらで紹介される塗装業者は、設立年数や年間の施工数など厳しい審査をクリアしたところだけです。
悪徳な塗装業者が参加できない仕組みになっています。
さらに今まで外壁塗装をされた方の口コミ評価が悪ければ、契約解除もあるのでやったもの勝ちということも出来ません。

 

もし知り合いに外壁塗装業者がいないのであれば、こちらを利用してみませんか?

 

まずは、簡単入力からあなた自身の外壁塗装にかかる費用の相場を調べてみませんか?

 

外壁塗装 塗料 見積もり

 

 

外壁塗装の工程

 

外壁塗装 平均

 

外壁塗装にはこんなにいろいろな工程があり、だいたい1〜2週間ほどかけて外壁塗装を行います。
天気に恵まれれば1週間程度で終わることもありますし、雨が続けば先に進めないので2週間以上かかる場合もあります。

 

これだけ多くの作業ですからずっと見張っているわけにもいきませんし、まして高い所での作業なのできちんとしてくれる業者でなければ困ります。
本塗りは3回行われますが、2回しか塗っていなくても気が付かないかもしれません。
塗料の希釈が通常よりも多い水で行われていても気が付く人はそういません。

 

何かおかしいなと感じるのは数年たって、外壁塗装が予定よりも早く剥がれた時です。
こんなことにならないように、信用できる塗装業者に依頼したいですね。

 

 

外壁塗装の費用

 

引越しの費用

 

塗装費用は延べ床面積に比例します。
延べ床面積が広いほど使用する塗料の多く必要になりますし、塗装する職人さんにかかる費用もかかるからです。
先ほど言いましたように外壁塗装には多くの工程があるので、作業の単価と延べ床面積をかけると結構高額な費用になります。

 

しかもほとんどの方が外壁と同時に屋根の塗装も行うので、塗装費用は100万円前後になります。
100万円より安い業者もあれば、高い業者もあります。
まずは複数の業者から見積もりを取って、比較してみませんか?

 

 

外壁塗装の塗料

 

外壁塗装 塗料 比較

 

塗料にはいくつか種類があり、耐久年数が短いものは安価であり、長いものは高価な塗料となります。
人気があるのはシリコン塗料で、耐久年数の長さとコストパフォーマンスのバランスが良いと言われています。
色も豊富なので、特にこだわりがないのであればシリコン塗料がオススメです。

 

シリコン塗料を希釈するのには水とシンナーがあってシンナーの方が長持ちしますが、住宅密集地ではニオイがきついために苦情が来るかもしれません。
周りの方に配慮しながら塗料を決めてくださいね。

 

最近人気が出てきたラジカル塗料は、外壁を傷めるラジカルの発生を抑える働きがあるためシリコン塗料よりも耐久年数がアップします。
ただ新しい塗料のためまだ扱いのない塗装業者もありますので、業者を決める前に問い合わせておきましょう。

 

さて肝心の塗装業者の選び方ですが、多くの方がポスティングやダイレクトメールのチラシ・電話帳やインターネットで検索しれ探す・飛び込みで営業に来た人に無料で見積もりしてもらうなどの方法で塗装業者を選んでいます。

 

 

外壁塗装の必要性

 

外壁塗装の必要性とは?

 

外壁塗装は10年に1回の頻度でやったほうがいいと言われます。
でも実際は費用も高額ですし、10年位では外壁もそんなに傷まないのでなかなか腰があがらないものです。

 

まだまだ大丈夫じゃないかな・・・。

 

そう思われるかもしれませんが、外壁塗装の本当の目的は外壁の見た目を美しくするためだけではないのです。
外壁塗装は壁のキズやひび割れも修理します。サイディングボードをつなぐコーキング剤を新しくしてくれます。
この作業が重要です。

 

日本の家はほとんどが木造住宅です。
木造住宅は水に弱いです。
雨の多い日本、梅雨もあれば、台風も来ます。

 

長年外壁塗装をしないでいると、傷やひび割れから雨水が入り込んで内部を腐らせたり、カビたりするのです。
だからこそ定期的なメンテナンスとして外壁塗装をする必要があります。

 

 

外壁塗装の色と見本

 

外壁塗装 色見本

 

外壁塗装をするなら今までとは違った色味にしてみたい。
でも自分の予想と違う色になったらちょっと怖い気もしますね。

 

たまにすごく派手な外壁の家を見かけますが、あれは希望通りなのかは本人しかわかりません。
ただ外壁塗装は高額であることや次は10年後という長期スパンなので、色を失敗したくないものです。

 

色は塗装業者としっかり話合って確認しましょう。
有料ですが試し塗りをしてくれるところもあります。

 

色見本は小さいですから大きな外壁に塗ると違う色に見えます。

 

そういうことも考えながら、自分の好みの色を決めてくださいね。

 

 

 

外壁塗装をしている家を見て「え?なんでこんな派手な色にしたんだろう?」と思ってしまうことはありませんか?
黄色だけど蛍光黄色だったり、自分が思っていたピンクよりも薄くてベージュに見えたり。

 

ちょっと予想と色が違うと思っても、外壁塗装の費用は高額なので簡単にやり直しがききません。
そこで塗装する前に業者としっかり話し合う必要があります。
心配であれば有料になりますが試し塗りをしてくれる業者もありますので、しっかり確認しましょう。

 

次の外壁塗装は約10年後です。
失敗した・・・気に入らなかった・・・と思い続けるのだけは避けたいですね。

 

 

 

 

 

外壁塗装 塗料 見積もり